フランス、パリ国立高等音楽院修了。
日本を代表する作編曲家として、映画「連合艦隊」、アニメ「トム・ソーヤの冒険」、フジテレビ「ミュージックフェア」、NHK 連続ドラマ「わかば」などの音楽監督をはじめ幅広い分野で活躍。
又、国内唯一のプロ・ポップスオーケストラ、東京ポップスオーケストラを結成。日本人初となる米国国連総会会議場での演奏や、カーネギー・ホールにてニューヨークポップスとのコラボレーションコンサートなど、その活動は海外からも高い評価を得ている。
音楽活動の傍ら、様々なジャンルの音楽監督やプロデューサー、音楽祭の理事や審査員、更にはコメンテーターとしてテレビ出演など枠にとらわれない活動が注目を浴びる。
現在、日本作編曲家協会会長、東京音楽大学 特別招聘教授として日本の音楽シーンの発展に尽力している。
オリジナル曲を集めた「音楽畑」シリーズは21作を数え、主な作品にTBS系列で放映された「新世界紀行」のテーマ曲“自由の大地”や、“すごい男の唄”、“ル・ローヌ”などがある。

 

2007年、服部良一生誕100周年を記念して長男の隆之と共にトリビュート・アルバムの制作及びコンサートをプロデュース。大きな話題をよんだ。
2009年に音楽家生活50周年の区切りにユニバーサルミュージックより
アルバム「服部克久」とワーナーミュージックより「服部克久の世界 ~works」の2枚を同時発売。
2014年には喜寿及び音楽家生活55周年を迎え、徳間ジャパンコミュニケーションズより「77-55~Past, Present & Future」を発売。更に、「音楽畑」シリーズ11年振りの新作、「音楽畑21 - Virtuosi-」もリリースし、大阪と東京で記念コンサートも開催した。
2017年2月、音楽畑の楽譜集としてヤマハミュージックメディアより「String Quartet Collection」、「ピアノソロ Best of Best (CD付き)」を出版。(「String Quartet Collection」に関しては徳間ジャパンコミュニケーションズより配信限定でアルバムも発売した)
3月には、「服部克久 音楽畑 弦楽コンサート Holiday for Strings」を銀座・ヤマハホールにて開催。
10月には、“80歳からの新たなスタート”として、「服部克久 傘寿の音楽会」を昭和女子大学人見記念講堂で開催。様々なジャンルの15人のアーティストたちとともに自身の音楽生活を振り返る豪華なステージとなった。

そして2019年9月、22作目となるオリジナル・アルバム「音楽畑 22 -The Final?-」を発売。

 

昭和33年   パリ国立高等音楽院修了。
昭和39年 6月 東京オリンピック体操役員
昭和42年 10月 日本アレンジャー協会(現日本作編曲家協会)常任理事に就任。
平成6年3月まで務める。
昭和45年 3月 大阪万博ガス館においてジョアンミロ氏の壁画に作曲。
昭和53年 4月 日本作曲家協会 理事に就任。
昭和55年 12月 社団法人日本音楽著作権協会 評議員に就任。現在に至る。
昭和60年 7月 第一回「音楽畑」コンサートを開催。
昭和61年 6月 日本音楽作家団体協議会(FCA)理事に就任。
  10月 社団法人日本音楽著作権協会 理事に就任。
以降平成4年9月まで、二期理事を務める。
平成元年 4月 東京音楽大学 客員教授に就任。現在に至る。
  7月 '89海と島の博覧会・ひろしま
平成2年   大阪 万国花博覧会 音楽プロデューサーを務める。
    トヨタ アムラックス 劇場プロデューサーに就任。以降平成12年まで務める。
平成3年 4月 (株)東京放送番組審議委員に就任。
平成4年   第一回ジャパンエキスポ富山'92 音楽プロデューサーを務める。
    「セビリア万博」にて、音楽プロデューサーを務め、そのジャパン・デーにおいて、現地オーケストラとの共演により、日本のポップスミュージックを披露。
    ニューヨークにてエリック・ホーキンズ・ダンスカンパニーのために書き下ろした舞曲"Intensity of Space and Wind"のワールド・プレミア
平成5年   「韓国大田国際博」にて、戦後、現地ではじめて日本語の歌を披露。
平成6年 3月 日本作編曲家協会 会長に就任。現在に至る。
  4月 社団法人日本音楽著作権協会の理事補充選挙の結果、理事に就任。
  6月 日本衛星放送番組 審議委員に就任。
平成7年 10月 社団法人日本音楽著作権協会 評議委員の任期満了に伴う改選の結果、評議委員に再就任。
    社団法人日本音楽著作権協会 理事の任期満了に伴う改選の結果、理事に再就任。
平成8年 10月 日本芸能実演家団体協議会 理事に就任。
平成9年 9月 ニューヨーク国連本部総会議場並びに、カーネギーホールにて東京ポップスオーケストラ・コンサート開催。
平成10年 6月 日本著作権協会、功労者表彰を受賞。
  10月 社団法人日本音楽著作権協会 評議員の任期満了に伴う改選の結果、評議員に再就任。
平成11年 3月 ホノルルにて、「ホノルルフェスティバル」のフィナ-レを飾るコンサート。
  5月 台北にて、「日華フレンドシップコンサート・東京青春物語」。
  7月 著作権法百年記念特別功労者として文部大臣表彰を受く。
  9月 ベルリン、ブランデンブルグ門にてドイツにおける日本年コンサートを実施。
  11月 NHKホールにて40周年記念コンサートを開催。
平成12年 6月 シドニー、オペラハウスにて「音楽畑」コンサートを実施。
  10月 パラリンピック関連事業として、日豪ハンディキャップの方々のためのコンサートを実施。
平成13年 3月 愛知万博プレ・イベントを実施。平成16年まで5回のコンサートを行う。
  8月 高千穂音楽祭スタート。平成15年まで3回実施。
  8月 震災チャリティ「メッセージフロム兵庫」
  9月 箱根音楽祭スタート。現在まで10回を数える。
    京都二条城にて築城400年記念コンサート
平成14年 10月 福島ねんりんピック音楽監督
  11月 明るい選挙推進運動50周年記念コンサート
平成15年 6月 市町村合併による清水市さよならコンサート実施。
平成16年 11月 全国100都市に渡るコンサートを記念して、オーチャードホールにてコンサートを実施。
平成17年 4月 宮崎県都城市総合文化ホール館長に就任。
  9月 愛知万博閉会式に出演。クロージングテーマの作曲及び指揮。
平成18年 4月 日本音楽作家団体協議会(FCA)会長に就任。現在に至る。
  9月 東福寺にて「JAL音舞台」の音楽監督を務める。
  11月 宮崎県都城市総合文化ホールにてオープニングイベント3 DAYSをプロデュース。
平成19年 9月 日中国交正常35周年記念 「日中携手・世紀同行2007 in 上海」にアレンジャー及び指揮者として参加。
  10月

「服部良一生誕100周年」を記念したトリビュートアルバムを長男隆之とともにプロデュース。

  11月 「服部良一生誕100周年」を記念したコンサートを国際フォーラムホールAにて開催。
平成20年 1月 宮崎県都城市総合文化ホールにて「アレンジャーズサミット'08」をプロデュース。
  6月 岩手県花巻市市民の歌を制作&発表。
  7月 「日本製紙presents札響ポップスコンサート vol.6」 をプロデュース&出演
平成21年 3月 宮崎県都城市総合文化ホールにて服部家三代コンサート「Super Generation」をプロデュース&出演。
  6月 東京Bunkamuraオーチャードホールにて「TOKYU MUSIC LIVE VOL.1」をプロデュース&出演。
  11月 音楽家生活50周年記念アルバムを2枚同時発売。
    文京シビックホールにて音楽家生活50周年記念コンサートを開催。
平成22年 2月 都城市総合文化ホール終身名誉館長に就任。記念コンサートをプロデュース&出演
  5月 日本作曲家協会 会長に就任。
  6月 大阪府高槻市、高槻中学校・高槻高校校歌作成。
  7月 「日本製紙presents札響ポップスコンサート vol.7」 をプロデュース&出演
平成23年 5月 東日本大震災復興支援チャリティーコンサート「Friends Love Believing」をプロデュース&出演。
  7月 「札響ポップスコンサート vol.8」 をプロデュース&出演
平成26年 6月 音楽家生活55周年、喜寿記念アルバム第一弾として、徳間ジャパンコミュニケーションズより「77-55 ~Past, Present & Future~」をリリース
  9月 音楽家生活55周年、喜寿記念アルバム第二弾として、11年振りに「音楽畑21 - Virtuosi -」をリリース
  9・10月 音楽家生活55周年、喜寿記念コンサート「THE FEAST」を大阪・森ノ宮ピロティホール、東京・東京国際フォーラム ホールCにて開催
平成29年 2月 音楽畑の楽譜集として「弦楽四重奏」、「ピアノソロ Best of Best (CD付き)」を出版。また、「弦楽四重奏」に関しては配信限定アルバムもリリース
  3月 「服部克久 音楽畑 弦楽コンサート Holiday for Strings」を銀座・ヤマハホールにて開催
  10月 「服部克久 傘寿の音楽会」を昭和女子大学人見記念講堂にて開催
令和元年 9月 音楽家生活60周年記念、22作目となるオリジナル・アルバム「音楽畑 22 -The Final?-」をリリース


| page top ↑|